歯石除去に全身麻酔が必要なの?

よく聞かれる質問ですが、答えは”Yes"です。

 

理由は

①処置により十分な効果を得るため

②安全面

の2点が大きく挙げられます。

 

 

<処置により十分な効果を得るため>

口腔内処置の目的は、歯周病の治療および予防です。

そのために

・歯間や歯周ポケットの掃除

・表面だけでなく、歯の裏側も

・歯石除去後に、歯の表面を滑らかにするための研磨作業

が必要で、そのためにはしっかりと口を開けて内部までチェック&処置を行います。

 

ここまでで想像できると思いますが、ヒトのように

「お口開けておいてくださーい」

「じーっとしておいてくださーい」

が通じない動物たちの処置には、全身麻酔が必要となります。

 

外側の歯石が取れて見かけが綺麗になっても、

歯の裏側や歯周ポケット、そして最後の研磨作業まで、十分な処置をしなければ歯周病の予防や治療にはなりません。

 

ちなみに無麻酔での「歯石取り」は症状を悪化させたり、歯石沈着を助長させる原因となってしまいます。

 

 

<安全面>

歯石を取るために使う道具で

・超音波スケーラー:歯肉にしみるため痛みを伴う

・ハンドスケーラー:先端が鋭く、動物が動くとカンタンに口腔内を傷つけてしまう

・歯根を残したまま歯が折れる

・顎の骨を折る

といった危険性があります。

 

また痛みだけでなく処置の際に感じた恐怖心から、

口を触らせない →家庭での口腔ケアが困難になる

といった悪循環も起きてしまいます。

 

上記のことから、全身麻酔が必要となります。

日本小動物歯科研究会においても無麻酔歯科処置の危険性について記載があります。

詳しくありますのでご参考ください。

http://www.sa-dentalsociety.com/

 

安全に麻酔をかけて処置を行うために麻酔前検査を行います。

検査の範囲はそれぞれの動物さんの健康状態などによりますので、診察にてご相談いたします。